安倍首相主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が参加していたのではないかという疑惑が浮上、菅官房長官も「ご指摘いただいたのは事実。結果的に入れていたのだろうと思っている」と認めた。

キャスターの立川志らく「芸能人なら謹慎なのに、どうして政治家は謹慎にならないのか。おかしいよ」

望月優大(ウエブマガジン編集長)「桜を見る会の予算が年々増額している理由の一つが、セキュリティー対策といのですが、それでこれかよと思いますね」

紛れ込んでいたのではなく、与党の誰かが招待したということだ。盒驚療機癖杆郢痢砲蓮崟治家は芸能人以上に問題ですよ。こういう人たち(反社会的勢力)に最大限に利用されかねない。どういう人間がどうして入ったかを知るためにも参加者名簿が必要です」

真相解明よりほとぼり冷めるのを待ってる安倍内閣

実際に、「桜を見る会」の招待状や受付票がマルチ商法の宣伝材料に使われていたこともわかってきた。

根本美緒(気象予報士)「だれを(会場に)通したかをはっきり出せばいい。名簿の調べ方はあるはずです」

反社会的勢力の具体名がわかるとよほどまずいのか、「(名前を明かすより)限りなくクロと思われる方がましと思っている」(共同通信の柿崎明二論説委員)

政治アナリストの伊藤惇夫「政権はほとぼりが冷めるのを待っているんです」