Graphs / PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

◆数学の切り口から共通テストの問題点を指摘

 2021年1月からこれまでのセンター試験から大学入学共通テストに移行します。

 この新しいテストには、いくつもの重要な問題点があると言われています。筆者の専門は数学ですので、この問題点を数学の切り口から解説します。

 共通テストの問題点に早くから気がついている人は5年以上前から指摘していますが、メディア等の報道が増えたのは最近ですので、最近になってこのことを知ったという方も多いことでしょう。最近知った人、以前から気になっていた人もここを読めばわかるように解説しますので、どうぞおつき合いください。

◆今、何が起こっているの?

 大学入試センター試験は、1990年1月から開始しおよそ30年間、1979年1月から開始した共通1次試験から数えると40年ほど継続して実施されてきました。この大学入試センター試験が、2020年度内の入試(実際は2021年1月実施予定)から「大学入学共通テスト」(以下、「共通テスト」と記します)という新しいテストに変わります。

 この新テストでは、数学と国語に「記述式」の試験が新たに導入されます。この記述式の試験が、その必要性、公平性、そして、それを行うことによって周辺に与える学習環境等の変化に問題点があると多くの専門家が指摘しています。ここでは、これまでに行われた2回の試行調査を参考にしながら、共通テストのこれまでを整理しましょう。

 まず、この新テストの数学と国語で実施される記述式試験の概要を説明しておきます。数学と国語の試験がすべて記述式になるわけではありません。どちらの教科も試験の一部が記述式になるのですが、形式面で違いがあります。

 国語は、200点満点の外に別枠として記述式の試験が設置され、それらは段階的(5段階)に評価されます。これに対し、数学は「数学I」「数学I・数学A」の2科目に導入され、100点満点のうちの3題15点分が記述式です。

「数学II」「数学II・数学B」の試験には記述式は出題されません。なお、受検者は「数学I」「数学I・数学A」のいずれかを選択し、そのほとんどは「数学I・数学A」を受検しますので、以下においては、「数学I・数学A」の方を考えることにします。「数学I」についても問題点は変わりません。

 なお、数学の記述式は3題で計15点分出題される予定で、試行調査通りであれば、各5点ずつの配点で、どれも0点か5点かで点を与えるもので中間点はありません。

 また、記述式の採点については、民間企業であるベネッセグループ傘下の学力評価研究機構が落札しています。

 この記述式試験の導入について、主に次のような問題点が指摘されています。

 ●公平な採点が可能か
 ●自己採点が可能か
 ●一つの民間業者に任せて大丈夫か

◆どのような経緯で記述式が導入されることになったの?

 大学入学共通テストの原型は、高大接続特別部会(2012年9月〜2014年10月)の審議により、中央教育審議会の答申が2014年12月22日にまとめられました。その後、高大接続システム改革会議(2015年3月〜2016年3月)の後、大学入学希望者学力評価テスト(仮称)検討・準備グループが発足し、2017年7月に大学入学共通テスト実施方針が出され、2019年6月に大学入学共通テスト実施大綱が出されています。

 一連の過程で現在の大学入試センター試験の問題点をとりあげ、記述式以外にも、

●英語の民間試験の利用
●1点刻みの試験からの脱却
●複数回受検

なども取り上げられました。共通テストについては、今現在、批判的な評価が多くなっていますが、当時の掲げた理想は実施の可能性などを考慮しなければ決して悪いことばかりではありませんでした。