再度のGSOMIA破棄決定にはリスク 対日外交における韓国の限られた選択肢東洋経済オンライン

再度のGSOMIA破棄決定にはリスク 対日外交における韓国の限られた選択肢

ざっくり言うと

  • いつでも終了できることを前提として、GSOMIAの延長を発表した韓国政府
  • 「対日カード」として再び破棄を決めた場合にはリスクが伴うと筆者は述べる
  • 韓国は交渉で日本から譲歩を引き出すしかなくなるだろうと指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x