戦後最大!?被害額1200億円…王家の宝石盗まれる

写真拡大

 博物館から1200億円相当のダイヤモンドや装飾品が盗まれる事件が発生しました。犯人は逃走を続けています。

 ドイツ東部ドレスデンにあるドレスデン城。事件はその一角にある緑の丸天井博物館で起きました。ここにはドイツ・ザクセン地方を治めた王家のコレクションが収蔵されていて、人気の観光施設となっています。25日未明、明かりの消えたこの博物館に2人の人物が侵入してきました。手には懐中電灯。そして、ハンマーのようなものを手にすると、展示ケースを破壊し始めました。ガラスは簡単には割れず、何度も何度もたたいている様子が分かります。盗まれた宝石の被害額は日本円で1200億円に上る可能性があり、「戦後最大の美術品盗難か」と報じるメディアもあります。事件後に行われた警察などによる会見では、「警察は事件直前に周囲で起きた停電と今回の事件の関連を調べている」と明らかにしました。実はこの事件の直前、博物館付近の配電施設が発火。それにより、複数の街灯が消えて博物館周辺は暗闇の状態だったというのです。暗闇のなかで犯行に及んだ人物たちは現場から車で逃走した可能性があるということです。博物館には18世紀初頭に作られたという宝飾品の数々が収められていましたが、最も有名な宝石の一つである「41カラットの緑のダイヤ」はニューヨークの美術館に貸し出し中で無事だったということです。