スターバックスコーヒージャパンが2020年3月までに全店で導入する、紙製ストロー(左)=26日午後、東京都千代田区

写真拡大 (全2枚)

 スターバックスコーヒージャパン(東京)は26日、ストローをプラスチック製から紙製へ変更すると発表した。

 来年1月中旬に切り替えを始め、3月中旬までに1500店超の全店で導入する。プラごみの削減を目指す取り組みで、カップなど他のプラ製品でも別の素材への変更を検討する。

 フラペチーノなどに使う太い口径のストローについては5月中旬以降、順次切り替える。スターバックスの国内店舗では年約2億本のプラ製ストローが使われているという。