画像提供:マイナビニュース

写真拡大 (全4枚)

日立パワーソリューションズは25日、工場や発電所などで発生する異常騒音を常時監視できる「リアルタイム騒音監視システム」の提供を開始した。

日立パワーソリューションズ公式サイト

人の声の特徴である声紋が個性を持つように工場の設備から発生する音にも特徴がある。日立パワーソリューションズが提供を開始した「リアルタイム騒音監視システム」は、経年劣化での設備や機器の故障リスクや騒音レベルの規制基準値遵守、近隣への騒音配慮などきめ細やかな対策がリアルタイムな"音"の分析で可能になる。

同社はインフラ分野での設備や機器の保守サービスを展開しており、遠隔監視や予兆診断も既に提供している。それらの一環で800件を超える対策実績を持つ同社は騒音影響の予測や評価の技術を有している。今回提供する「リアルタイム騒音監視システム」は、敷地境界などに設置した複数センサーから測定した音の大きさや周波数をクラウドを通じてリアルタイムに可視化。データの集計やレポート、機械学習を用いた設備由来の稼動音の特徴の把握が可能となり、騒音が大きい時にはメールにアラート配信する、パトライトを点灯させるなど異常の迅速な発見に寄与する。

システム構成の概略(同社資料より)

騒音レベルと周波数成分のトレンド(同社資料より)

ダウンタイム発生による保守コスト増加を課題とした「事後保全」から「予防保全」への移行、騒音レベルの規制基準値遵守や近隣への到達音まで考慮したきめ細やかな対応が重要になっていることをサービス提供の背景に挙げている。