画像提供:マイナビニュース

写真拡大

MicrosoftのPowerShell teamは現地時間21日、PowerShell 7 Preview6をGitHubに公開したことを公式ブログで発表した。ソースコード、各OSのバイナリはGitHubに設置してある。

拡張コマンドラインインターフェイス&スクリプト言語としてWindowsに標準搭載されているPowerShell。"Rename-Item"のように"動詞-名詞"からなるコマンドレット(Cmdlet)をパイプ「 | 」やリダイレクト「 > 」で繋ぎあわせるような簡単な操作で豊富な操作を実現できる。その中心に位置するPowerShell Coreはオープンソース化され、2018年リリースの6.0よりWindowsほかLinuxやmacOSでも扱えるようになっている。

ブログに寄稿するPrincipal Software Engineer ManagerであるSteve Lee氏は、12月にRC版(Release Candidate)、来年1月の正式リリースを目標としており、preview版としては最後になるだろうと述べながら、主だっや改善点や機能をピックアップ。動画付きで紹介している。

ユーザーVincent Damewood氏の"偉大な追加"(Great addition)と筆頭に紹介されているのが、Invoke-RestMethodなどCurlのようにコマンドラインからWeb情報を扱えるコマンドレットにおけるエラーのスキップ。公式ブログでは、オプションでエラーをスキップさせ$hに格納し、赤色でケバケバしく表示されるエラーをスキップし、エラー情報をスムーズに取り扱う様子を動画で見せている。

ほか、PowerShell 5.1との互換性の改善もトピックに挙げており、Get-ClipboardやSet-Clipboardなどクリップボード系のコマンドレットやパフォーマンスカウンターGet-Counterの復活やグラフィカルな表現を可能にするOut-GridViewと数多くの機能を紹介。.NET Coreのクロスプラットフォーム化とともに多くの新しい可能性を垣間見せている。