画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは11月25日、国際刑事警察機構(インターポール、本部 フランス リヨン市 )とグローバルなサイバーセキュリティ対策で提携したと発表した。この提携は、2014年からの提携を引き継ぐもの。

インターポールは、国際的な犯罪を防止するために結成された世界最大の国際警察組織で194カ国が加盟している。

NECはこの提携により、インターポールがシンガポールで実行するサイバー犯罪プログラムに、サイバー犯罪の捜査や犯罪者の特定、犯罪兆候の発見に寄与するサービス提供、インターポール加盟国警察のサイバー犯罪捜査担当官や科学捜査の専門家を対象としたトレーニングを提供する。

NECは2015年には、インターポール・デジタル犯罪捜査支援センター(The INTERPOL Digital Crime Centre)に中核システムを納入しているほか、2018年には、インターポール主催のサイバー犯罪捜査演習「Digital Security Challenge(デジタルセキュリティチャレンジ)」において、演習シナリオの作成や解析対象となるデータの開発などで貢献している。