白鵬「おいしいお酒飲めた」…千秋楽から一夜明け

写真拡大

 大相撲九州場所で4場所ぶり43度目の優勝を果たした横綱白鵬(34)(宮城野部屋)が千秋楽から一夜明けた25日、福岡市内で記者会見を開き、「おいしいお酒が飲めた」と改めて喜びを語った。

 今年は右膝や右腕などにけがが相次ぎ、今場所も休場明け。上位陣に休場者が続出し、一人横綱としての重圧もあるなかで日本国籍取得後の初優勝を果たし、「しっかり(横綱として)務めることができた。私に託された分、責任を果たした」と語った。

 以前から、東京五輪を現役を続ける上でのやる気にしており、「2020年をいい形で迎えられる」と笑顔。来年3月には35歳となるが、優勝回数について、「目標は50回」と更なる意欲を燃やした。