血糖値の検査で注射針が不要になる? ジャイロセンサーで糖代謝がわかる京セラ「糖質ダイエットモニタ」への期待

写真拡大 (全6枚)

成人の健康管理で避けて通れないのは、血圧や血糖値(糖代謝)の検査だ。
特に血糖値は、糖尿病の予防や治療に欠かせない。
ただ血糖値の検査は、採血が必要なので、負担が大きいことが問題だった。

京セラが研究を進めている「糖質ダイエットモニタ」は、ジャイロセンサーを使用して、糖代謝を推定することができるという。
ジャイロセンサーを用いた橈骨(とうこつ)動脈脈波センサーは世界初の技術であり、CEATEC AWARD 2019でスマートX部門の準グランプリを受賞している。

これからの血糖値の測定は、注射針からジャイロセンサーに変わるかもしれない。

ジャイロセンサーで食後の糖質変化を推定できる仕組みとは、どのようなものなのだろうか。


■食事による脈波パターンの変化を利用
糖質ダイエットモニタは、ダイエットの支援や糖尿病の予防に役立つデバイスだ。

ジャイロセンサーは、角速度センサーとも呼ばれている。
物体の回転や向きの変化を検出するセンサーだ。
スマートフォンの縦横の画面切替や、デジタルカメラの手ブレ補正、ドローンの姿勢制御などにも利用されている。

糖質ダイエットモニタでは、手首にある橈骨(とうこつ)にジャイロセンサーを押し当てて動脈の脈波を測定する。この脈波解析により糖代謝を推定することができるのだ。


手首にある橈骨(とうこつ)にジャイロセンサーを押し当てて動脈の脈波を測定する。

これまで糖代謝や血糖値を調べるには、血液検査が必要だった。
注射針で指を傷つけて採血する方法は患者の負担も大きい。
とくに糖尿病患者でインスリンを投与している人の場合は、自分で血糖値を測る必要もあるだけに負担はさらに大きくなる。

しかし採血の必要がない「糖質ダイエットモニタ」なら、負担は大きく軽減できる。


脈波から糖代謝が推定される。

■血糖の測定が簡単になる可能性がある
糖質ダイエットモニタは、脈波の研究を進めていく課程で、食事の前後で脈波のパターンの変化の原因が、糖質や中性脂質にあると推察されたことから誕生したという。



京セラ 研究開発本部 安島弘美氏「どうせなら今までにないモノを作りたい」との思いから糖質ダイエットモニタが誕生した

現状は正式な論文がないため「仮説の段階」とのことだが、糖質ダイエットモニタの脈波で糖代謝を測定できる仕組みについて、説明いただいた。
炭水化物を摂取すると、血液中の糖質濃度が上がる。すると血管内皮にある水分が血管内にしみ出すことで血管が太くなるのだという。加えてインスリンが分泌されるため、血管が膨張して脈波伝搬速度が遅くなる現象が現れるという。

糖質ダイエットモニタは、ジャイロセンサーで約8秒測定し、脈波を測定後に脈波AI(増大係数)方式により糖代謝を推定しているのだ。


食事前後の脈波パターンの変化の例。 資料提供:京セラ


食後の脂質・糖質の変化推移。時間とともに、糖脂質代謝が変化する。 資料提供:京セラ

糖質ダイエットモニタは来年2020年の発売を目標に、
現在、日本医科大学 先端医学研究所 南史朗教授と共に臨床研究を実施している段階とのこと。

糖質ダイエットモニタが製品化され、さらに研究を進めることで、血糖値を測るのに注射針が不要になる時代がやってくるかもしれない。


ITライフハック 関口哲司