「桜を見る会に新たな疑惑が出てきました」と、司会の国山ハセンや若林有子アナウンサーが税金で開いたイベントにまたも浮上した怪しげな事実を伝えた。

会場で提供される焼き鳥やばら寿司などの飲食物を2014年から少なくとも7年間にわたって、特定の民間企業1社が受注していた。官公庁の事業選定で普通行われる一般競争入札ではなく、内容で契約先を決める「企画競争」だったと内閣府はいうが、他社が競争に加わったのは2015年と17年だけで、事実上「ジェーシー・コムサ」(東京都)という会社が独占していた。受注額は2014年の1349万円から2019年の2191万円までうなぎのぼりで上がっている。

蓮舫議員が内閣府に問い合わせると疑惑の会社に筒抜け

キャスターの立川志らく「明らかに独占に見えます」

流通経済大の龍崎孝教授は「価格についての争いがない。企画競争という選び方が正しいのか、内閣府がなぜこれにこだわったのか」と疑問を指摘する。野党からは「この会社の役員と首相夫人の安倍昭恵さんが親しいためでは」の声があがり、「首相と会長は前から交流がある」ともらす会社役員もいるという。

松崎一葉(精神科医)「権力のある人は李下に冠を正さずです」

森井じゅん(公認会計士)「これを私たちが許してきたことが問題です」

しかも、この参加者名簿を立憲民主党の蓮舫・参院議員が請求したところ、蓮舫議員とは面識も連絡先の交換もないジェーシー・コムサのCEOから突然電話があり、話したいとのメッセージが留守録されていた。秘書が問い合わせると「内閣府から蓮舫議員が調べていると聞いてかけた」と答えたという。調査対象の当事者に政府が野党議員の動向をもらしていたことがわかった。

龍崎教授「重大な情報漏れです。内閣府はきちんと説明するべきです」

志らく「もうムチャクチャ。おもしろおかしく笑ってすますことではない」