厳選!2歳馬情報局(2019年版)
第27回:ヒメノカリス

 有望な牝馬が数多く登場している今年の2歳戦線。GIIIアルテミスS(東京・芝1600m)を圧勝したリアアメリアをはじめ、GIII新潟2歳S(新潟・芝1600m)を制したウーマンズハート、新馬、1勝クラスと連勝を飾ったアヌラーダプラなど、今後が楽しみな逸材がズラリとそろう。

 そんななか、これまた前評判の高い2歳牝馬がまもなくデビューを迎えようとしている。栗東トレセンの池江泰寿厩舎に所属するヒメノカリス(牝2歳/父ディープインパクト)である。


ヒメノカリスの全兄アルアイン

 同馬の兄は、同じ厩舎に所属するアルアイン(牡5歳/父ディープインパクト)。2016年の秋にデビューすると、新馬、500万下(現1勝クラス)特別と連勝し、続くGIIIシンザン記念(京都・芝1600m)こそ6着に沈むも、その後に挑んだGIII毎日杯(阪神・芝1800m)を勝って、重賞ホルダーとなった。

 さらに、その勢いに乗って3歳クラシック初戦のGI皐月賞(中山・芝2000m)で戴冠を果たした。距離延長を不安視されて9番人気と伏兵扱いだったが、先行策からしぶとく伸びて、強豪ライバルたちを一蹴。GIタイトルを手にした。

 以降、GI、重賞戦線で奮闘。勝ち星には恵まれなかったものの、常に安定した走りを見せて、掲示板(5着以内)を外すことは少なかった。4歳時にも、GI大阪杯(阪神・芝2000m)や、GIマイルCS(京都・芝1600m)で3着と健闘している。

 そして、5歳となった今年、大阪杯で2度目のGI制覇を遂げた。この時も、9番人気の低評価を覆しての激走だった。

 そんなGI2勝の兄を持つヒメノカリス。母ドバイマジェスティもアメリカのGI馬という良血ゆえ、管理する池江厩舎での評価も相当高い。その様子を関西競馬専門紙のトラックマンが伝える。

「ヒメノカリスについて、池江調教師は『さすがGIホースの妹といった雰囲気がある』と話しています。調教でもいい動きを見せていますし、『スピードもありそう』とのこと。非常に楽しみにしている存在であることが、池江調教師の言葉の端々から伝わってきて、『クラシックに乗せたい』とのコメントも聞かれました」

 何頭ものGI馬を育ててきた名トレーナーの言葉だけに、ヒメノカリスへの期待は一段と高まる。

 加えて、池江調教師は兄アルアインと比較しつつ、ヒメノカリスの特徴についても触れている。前出のトラックマンが続ける。

「ヒメノカリスの馬体重は410圓箸なり小柄で、『(500圓鯆兇┐訛膩診呂痢坊擦箸和侶燭違う』と池江調教師。それでも、調教では騎乗者が持っていかれそうになるくらいの前進気勢で、『すごく気のいいタイプ』とのこと。調教のタイム、動きともに、ここまでいい形で来ているので、デビューへの態勢は万全と言えるでしょう」

 デビュー戦の予定は、11月30日の2歳新馬(阪神・芝1600m)。鞍上は、川田将雅騎手が務めるようだ。 アルアインを手掛けるスタッフが、確かな手応えを得ている妹ヒメノカリス。初陣から、評判どおりの走りを見せてくれるのか、注目である。