御嶽海(下)を外掛けで下した白鵬(23日)=大石健登撮影

写真拡大

 大相撲九州場所14日目(23日・福岡国際センター)――白鵬が千秋楽を待たずに4場所ぶり43度目の優勝。

 関脇御嶽海を外掛けで豪快に倒して13勝1敗とし、後続との2差を保った。先場所優勝の御嶽海は負け越し。朝乃山は竜電の攻めをしのいで寄り切り、11勝。貴景勝は小結阿炎に送り出されて5敗。阿炎は勝ち越した。