大相撲九州場所14日目(23日、福岡国際センター)、横綱白鵬(34=宮城野)が関脇御嶽海(26=出羽海)を下し、1敗をキープして43度目の優勝を決めた。

 近年はケガが多く、今年は3場所で休場するなど、以前の絶対的な強さはなくなってきた。それだけに平成最後となった大阪場所以来で、令和になって自身初、また9月に日本国籍を取得して以来初の賜杯は格別なものになったはずだ。