韓国メディア「未熟だ」政府対応批判の論調

写真拡大

日本と韓国が軍事機密を共有するための協定(=GSOMIA)の失効が回避されたことを受け、韓国メディアでは、韓国政府の対応を「未熟だ」などと批判する論調が目立っている。

23日付の韓国の新聞各紙は、GSOMIAの失効が土壇場で回避されたことを大きく伝えた。保守系の朝鮮日報は、「破局は避けた」としつつ、「日本には何の打撃も与えられなかった」として、韓国政府の対応について「無能外交」と批判した。

中央日報も、GSOMIAを外交カードに利用したことに疑問を投げかけ、「強行一辺倒の未熟な対応だった」と伝えている。

一方で、日本政府に対しては「かたくなな立場をたたんで誠意を見せるべきだ」などとして、いわゆる元徴用工訴訟の問題でも歩み寄りを促す指摘が出ている。