【ジャパンC】カレンブーケドール 国枝師「斤量は恵まれてる」

写真拡大

ジャパンカップ
カレンブーケドール

 オークス2着、秋華賞2着と、G祇覇まであと一歩のところで涙を飲んでいるカレンブーケドール(牝3、国枝)。オークスと同じ東京2400メートルの舞台で、悲願のビッグタイトル獲得となるか。

【ジャパンC】ジナンボー ムーア「進化が必要」

G1まであと一歩

 国枝調教師は「前走は勝った馬の切れが上だったが、この馬もいい競馬をしていた。中間はさらに風格が出てきた感じだし、追い切りに乗った津村も幸せそうな顔をしていたよ。古馬の一線級が相手で簡単にはいかないと思うけど、斤量は53キロと恵まれているので大きな仕事をしてほしいね」と期待を寄せた。