アンカー・ジャパンは11月20日、新製品発表会「Anker Power Conference ’19 Winter」を開催。Ankerブランドの急速充電器、Soundcoreブランドのオーディオ製品、Eufy、Nebulaブランドの家電製品の新製品を発表しました。この記事では、急速充電器についての発表をまとめてご紹介します。

「Anker PowerPort Strip」シリーズは、電源タップに最大30WのPower Delivery対応USB-Cポート1基とPowerIQ対応のUSB-Aポート2基を搭載するUSB急速充電器。AC電源を6口備えた「Anker PowerPort Strip PD 6」は4999円(税込み)、3口の「Anker PowerPort Strip PD 3」は3999円(税込み)で、いずれも2020年春ごろの発売を予定しています。

「PowerPort Atom III Slim(Four Ports)」は、次世代パワー半導体である窒化ガリウム(GaN)の採用により、約18mmと薄型化を実現した4ポートのUSB急速充電器。最大45WのPower Delivery対応USB-Cポート1基と、USB-Aポート3基を搭載。最大65Wで4台の機器を同時に充電できます。価格は4299円(税込み)で、2020年春ごろの発売を予定。

ファブリック素材を使ったパッド型ワイヤレス充電器「PowerWave Base Fabric Pad」は2020年春ごろ発売予定で、価格は未定。同じくファブリック素材を採用、USB-CとUSB-Aでも同時に充電できるスタンド型ワイヤレス充電器「PowerWave 10 Stand with USB-A&1 PD Ports」が2020年春ごろ発売予定で、価格は3999円(税込み)。

「PowerWave+ 3-in-1 Charging Station」は、iPhoneのワイヤレス充電(最大15W)とApple Watchのワイヤレス充電(最大5W)、Lightning端子からAir Podsの充電(最大5W)が同時にできる3-in1 ワイヤレス充電器。2020年春ごろの発売予定で、価格は3999円(税込み)。

発表会当日の夜には、抽選で当選した一般ユーザー約100人を集めた初のファンイベント“Anker Gadget Night”を開催。会場にはAnker製品やSoundcoreのオーディオ製品が当たるカプセルトイなどのアトラクションや製品のタッチ&トライコーナーが用意され、アンカー・ジャパン代表取締役の井戸義経氏、執行役員 事業戦略本部統括の猿渡歩氏に加えて、ゲストとしてiPhone芸人のかじがや卓哉さんを迎えたトークショーが開催されました。トークショーの中で会場のユーザーからの質問に答えるコーナーでは、「PowerCore Fusionの新製品が来年発売される」「AC出力ができる小型のモバイルバッテリーが今後発売される」など、まだ発表されていない気になる情報も……。詳細は正式発表を待ちましょう。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』