藤川京子

写真拡大

 このレースでも勝ったエピファネイアの産駒が3頭も出てきました。当時のエピファネイアも1勝してこのレースに挑んできましたが、エピファネイア産駒のロールオブサンダーは、連勝しての出走ですから注目が集まると思います。ヴァルナも、前走はレコードが出た京王杯2歳Sで強い相手の3着ですし、C.スミヨン騎手ですから距離は延びますが、上手くレースに合わせて誘導してくれそうな気がします。

 しかし、ハーツクライ産駒のマイラプソディも連勝の実績で挑んできます。前走の時計も2歳だと思えば悪くありません。しかも、京都と言えば武豊騎手ですし、過去10年で6回も馬券に絡んでいます。昨年の覇者は私の一口愛馬のクラージュゲリエですが、3着は武豊騎手の菊花賞馬ワールドプレミアでした。出世レースでもあるのです。

 それと、昨年勝ったクラージュゲリエが札幌2歳S3着からの参戦で勝った事を思えば、ミヤマザクラも未勝利戦ですが札幌で勝ってからの参戦なので、薄い根拠ですが京都ならもっと速く走れるかもしれません。恐らく、ノーマークになっていますが金子真人ホールディングスの馬です。何か見所のある馬だと思い買われた可能性があります。

 展開は、毎年バラバラで何処の位置に付けた方が有利とは言えないようです。状況に応じた鞍上の判断が勝敗を分けるのかもしれませんが、ポテンシャルが高い馬もいそうなので、馬にレースを教える事と今後の為に試したい事も多いと思うので、前走と同じような形では走らないかもしれません。そうなると、勝つのはここしか無いと全力で勝ちに来る馬もいそうです。そんな事が予想できるレースの時は、他の馬は人気馬ですがミヤマザクラのような馬を1頭添えれば、カレーに福神漬けを漬けるように味が出ると思います。ワイドBOX 8、2、4、6