画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本コンピュータビジョン(JCV)は11月22日、顔認証でアクセスを可能とする入退室管理ソリューション「JCV Total Building Access Solution」を、同日より提供開始したことを発表した。

JCV Total Building Access Solutionは、香港・SenseTime Group Limitedのアルゴリズム技術を利用し、顔写真を1枚登録するだけで高速・高精度な1対N認証および生体検知を行い、アクセスを実現する製品。

デバイスは、最大2万件の顔データを保存でき、暗号化や生体検知による強固なセキュリティ保証やWi-Fi / Ethernet / Wiegand/ RS-485 / 無電圧接点といったインタフェースに対応した一体型専用端末「SensePass-J」 、および最大5万人の顔ライブラリ容量を備え、認証速度1秒以内 (距離 4.0m以内) 、認証精度99%以上を誇るアプリケーション型「SenseHello-J」が用意される。

また、顔認証デバイスやユーザー情報を一元管理する統合プラットフォーム 「SenseLink-J」では、デバイス管理やユーザー管理、アカウント権限管理、従業員の勤怠管理、API外部連携などの機能を搭載する。