映画『ゴッドファーザー』のシネマ・コンサートが有楽町で - 本編に合わせて東京フィルが生演奏

写真拡大

映画『ゴッドファーザー』のシネマ・コンサートが、2020年1月12日(日)に東京国際フォーラムにて開催される。

映画『ゴッドファーザー』のシネマ・コンサートが再演

シネマ・コンサートとは、映画のセリフや効果音はそのままに、音楽パートをフル・オーケストラが大スクリーンでの映画全編上映に合わせて生演奏するという、映画とコンサートが融合したエンターテイメントショウ。これまで様々な名作がフィーチャーされているが、今回は2015年10月以来5年ぶりの再演となる『ゴッドファーザー』の上映が決定した。

名優マーロン・ブランド、アル・パチーノらを迎え、フランシス・コッポラ監督作品として1972年3月にアメリカで公開され映画『ゴッドファーザー』は、当時の興行記録を塗り替えるほどの大ヒットを記録したギャング映画。アカデミー賞では10部門にノミネートされ、そのうち作品賞、主演男優賞、脚色賞を受賞している。

国内外に多くのファンを持つ本作だが、その代名詞の1つと言えば、映画音楽界の巨匠であるニーノ・ロータによるスコア。メインテーマ「ゴッドファーザー 愛のテーマ」を始め、全編に渡って響き渡る、切なくメランコリックな音楽。ニューヨークにおけるギャング抗争劇が描かれた同作品を、家族愛をテーマにした名画にまで昇華させたのは、このニーノ・ロータによる音楽の功績も大きいだろう。

本イベントでは、そんなニーノ・ロータのスコアを、映画の上映に合わせて国内屈指の名門オーェストラである東京フィルハーモニー交響楽団が生演奏。シネマ・コンサートの醍醐味である大迫力の演奏を堪能しながら、映画『ゴッドファーザー』の世界にどっぷりと没入してみてはいかがだろう。

開催概要

「ゴッドファーザー シネマ・コンサート」
開催日時:2020年1月12日(日) 14:30開場/15:30開演
会場:東京国際フォーラム ホールA
チケット価格(全席指定):S席 9800円(税込) / A席 7800円(税込) ※未就学児入場不可
上映作品:ゴッドファーザー/The Godfather
(監督:フランシス・フォード・コッポラ/音楽:ニーノ・ロータ/1972年公開)
※英語上映・日本語字幕付き
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
チケット:
・一般発売 2019年12月14日(土)
・先行受付 2019年11月22日(金)


[写真付きで読む]映画『ゴッドファーザー』のシネマ・コンサートが有楽町で - 本編に合わせて東京フィルが生演奏

外部サイト

  • 映画『ティファニーで朝食を』シネマコンサートが東京国際フォーラムで、オーケストラの生演奏と共に鑑賞
  • ディズニー『美女と野獣』フィルム・コンサートが横浜で - 歌&オーケストラ生演奏、ベル役は上白石萌音
  • ジョン・ウィリアムズ作品を東京フィルが演奏するコンサート、赤坂サントリーホールで開催