【詳細】他の写真はこちら



そんな電子レンジを、強い合成洗剤を使わずにスッキリとキレイに掃除する方法を、徹底的に調べてみました。食べるものを加熱するレンジにも安心して使えて、お肌にも優しいお掃除に、挑戦してみませんか。

■電子レンジの掃除はどのぐらいの頻度ですればいい?



電子レンジの中は、加熱によって食品から飛び出したしずくや水蒸気で汚れてしまいます。これらをそのまま放っておくと、加熱によって汚れがしっかりとこびりついてしまったり、カビが生えたりすることに。汚れたままの電子レンジでは、加熱効率が落ちてしまって電気代が上がったり、ひどい場合には汚れが発火・爆発してしまうこともあります。電子レンジの中をキレイに保っておくことは、衛生面から見てももちろんですが、安全のためにもとても重要なことなのです。できれば1週間に1度ぐらいの頻度で、これから紹介する方法でお掃除してキレイを保ちましょう。そもそも、電子レンジ内を汚さない工夫も大切です。飛び散りを防ぐため、ラップやふたを使ったり、飛び散ったことに気づいたときに、すぐサッとひと拭きしておくと、面倒なお掃除を頻繁にしなくてもすみます。

■電子レンジの汚れ、それぞれの対処方法とは?



電子レンジの汚れは、汚れのタイプ別に対処の仕方が違います。それぞれのタイプにあった対処方法を知っておきましょう。

出典:photoAC



・やっかいな「焦げ」をキレイに落とす方法とは?



電子レンジにこびりついたやっかいな焦げを落とすには、重曹が効果的です。重曹の使い方は後で詳しく紹介しますね。

・べたべたの「油汚れ」をスッキリ落とす方法とは?



油汚れが気になる場合も、重曹がおすすめです。レモンやみかんなどの柑橘類の皮に含まれる「リモネン」の油分解効果を利用する方法も、この先で紹介しています。



・イヤな「におい」を消す方法とは?



庫内に残ったにおいを取るには、脱臭効果のあるお茶がらやコーヒーかす、柑橘類の皮を温めます。

■電子レンジ掃除におすすめの洗剤はどんなもの?



少し前までは、洗浄力の強い合成洗剤を使って掃除をすることが普通でしたが、手荒れや安全性を気にする方が増えるにつれ、クエン酸や重曹、セスキ炭酸ソーダなど、人体に害のない洗剤の人気が高まっています。

出典:@ 2chococakesさん

一番お手軽なのは、100円ショップでも手に入る、電子レンジ用のお掃除シートを使う方法です。重曹やセスキ炭酸ソーダなどを使う方法と比べると、少し割高にはなりますが、洗浄成分を含んだシートで拭き取るだけなのは簡単で楽!とにかく手早く掃除を済ませたい方にはおすすめです。

■クエン酸やお酢を使った電子レンジの掃除方法



出典:@ haruka__0023さん

クエン酸やお酢が効くのは、電子レンジの匂いや水垢汚れ。酸性のクエン酸やお酢は、アルカリ性の汚れである水垢やアンモニアの汚れを落とします。除菌・消臭効果もあるので、気になる匂いを消したいときにも頼れる存在です。<使い方>1.水およそ200mlを耐熱容器に入れ、クエン酸なら小さじ2〜4杯、お酢なら50〜60mlを加えます。2.それを電子レンジで2〜3分温め、たっぷりと蒸気を出したら、そのまま扉を開けずに30〜60分放置します。この間にクエン酸や酢を含んだ水蒸気が内部に広がり、温かさもあってよごれがはがれやすい状態になります。3.扉を開けたら、冷えたクエン酸水(または酢水)にふきんやキッチンペーパーを浸し、庫内をしっかり拭いていきます。

■重曹を使った電子レンジの掃除方法



アルカリ性の重曹は、酸性の汚れである油や焦げを中和して落としてくれます。@akko.2no3さんの電子レンジ掃除のやり方を、順を追って見てみましょう。

出典:@ akko.2no3さん

一見ピカピカの電子レンジですが…。



出典:@ akko.2no3さん

中は意外に茶色く焦げがついています。その理由は…



出典:@ akko.2no3さん

うっかり焦げつかせて熔岩のようになってしまったキャラメルソース!



出典:@ akko.2no3さん

耐熱容器に水と重曹を入れて、重曹水を作ります。



出典:@ akko.2no3さん

容器のまま3分間加熱して、冷めるまで15分ぐらい放置しておきましょう。そのあと、ふきんやペーパーに重曹水を浸して、庫内を拭いていきます。



出典:@ akko.2no3さん

こんなに焦げが取れました。



出典:@ akko.2no3さん

庫内はすっかり、ピカピカです!



出典:@ akko.2no3さん

汚れがひどい場合は、メラミンスポンジを使って焦げを落とすこともあるそうです。また、もっと頑固な焦げつきには、重曹と水を2:1の割合で混ぜた「重曹ペースト」が効果的です。汚れに重曹ペーストを塗りつけ、ラップをして30分以上放置すると汚れに重曹が浸み渡ります。あとは汚れを拭き取ると、ぴかぴかキレイになりますよ!

■セスキを使った電子レンジの掃除方法



出典:@ haruka__0023さん

セスキ炭酸ソーダは、油汚れに強いのが特徴です。重曹と同じように使えますが、重曹よりも水に溶けやすいことを活かして、スプレーに使うのがおすすめ!500mlの水にセスキを小さじ1〜2杯溶かしてスプレーボトルに入れ、油汚れの気になったところにシュッシュッと吹きかけて、ペーパーなどで拭き取れば、あっという間にお掃除終了です。電子レンジの掃除だけでなく、コンロ周りや食卓など、家中のお掃除にも使えますよ。

■オキシクリーンを使った電子レンジの掃除方法



出典:@ 2chococakesさん

酸素系漂白剤の「オキシクリーン」を使った「オキシ漬け」は、シミや汚れを強力洗浄してくれると人気の掃除方法です。弱アルカリ性のオキシクリーンが、酸性汚れである油を中和してスッキリ落としてくれます。ターンテーブルを外せるタイプの電子レンジなら、ターンテーブルを丸ごとオキシ漬けしてスッキリキレイにしてしまいましょう。

■アルコールを使った電子レンジの掃除方法



キッチン用アルコールは、油汚れをアルコール成分で溶かして汚れを落としながら、同時に除菌もしてくれます。洗剤を使わないので、食品を扱うキッチンでも安心できる掃除方法ですね。セスキと同じように、気になるところにスプレーしたあと、ふきんやキッチンペーパーなどで拭き取ります。特に、電子レンジの外周りには油汚れやほこりがつきやすいもの。アルコールスプレーでキレイにしてみてくださいね。

■レモン汁を使った電子レンジの掃除方法



出典:photoAC

レモンやみかんの皮に含まれる「リモネン」という成分は、油を分解する効果と消臭効果の両方を持っています。耐熱容器に水を200mlくらい入れ、その中にレモンを丸ごと1個分絞り、残ったレモンも入れて、電子レンジで3分加熱します。15分ほど放置してから庫内を拭き取りましょう。油汚れが気になるとろこには、レモンの皮や切り口をこすりつけ、リモネンの力で油を分解します。

■みかんの皮を使った電子レンジの掃除方法



出典:photoAC

リモネンはみかんの皮にも含まれているので、食べ終わったみかんの皮を有効活用してみましょう。みかんの皮を電子レンジで加熱し、蒸気を庫内に行きわたらせたあとは、皮の内側の白い部分で焦げている部分をこすります。捨てるだけだったみかんの皮で、汚れがスルスルと落ちていくのを見るのは快感です!オレンジやグレープフルーツなど、他の柑橘類の皮も使えますよ。

■電子レンジをキレイにしてお料理をおいしく食べよう!



出典:photoAC

時短料理や、冷めてしまった食べ物のあたために欠かせない電子レンジ。毎日活躍してくれるだけに、汚れやすいものでもあります。ここでご紹介した掃除術で、電子レンジのキレイをキープしましょう。衛生的でおいしいお料理が、家族の健康のもとになるのですから。