首相主催の「桜を見る会」の招待者について、安倍首相は「私自身も事務所から相談を受ければ推薦者について意見を言うこともあった」と関与を認め、菅義偉官房長官も「自民党関係者枠の推薦が約6000人程度、総理から約1000人程度、副総理、官房長官、官房副長官から約1000人程度あった」とその内訳を明かした。

安倍首相は「妻は私人」と言っていたのに

安倍昭恵夫人にも推薦枠があった。しかも、当日は乾杯の音頭を取って、「安倍をよろしくお願いします」とあいさつしていたのだから、税金を使った政権PRと見られてもしかたあるまい。

流通経済大学教授の龍崎孝(元TBS政治部長)は「森友学園問題の時に、夫人については『私人』と閣議決定した経緯がある。その私人が推薦するのはおかしい」と批判する。

画家の中島健太も「首相は『意見を言うこともあった』というが、受け取った側は命令と取りますよ。それで推薦には口出ししていないというのはムリがあります」