ベネズエラ戦、先発でピッチに立った4選手。左からFWの浅野拓磨、MFの橋本拳人、DFの畠中槙之輔、GKの川島永嗣。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 11月19日に行なわれた国際親善試合、日本代表対ベネズエラ代表の一戦で、日本は1-4の完敗を喫した。試合は、前半だけで4失点。相手エースのサロモン・ロンドンに最初のゴールからわずか25分でハットトリックを許すなど、屈辱的な大敗となった。

 その前半のピッチに立っていた選手たちは、試合翌日の20日に自身のSNSを更新。一夜明けても冷めやらぬ、ベネズエラ戦の反省コメントを投稿した。

 各選手のコメントは以下の通り。

GK川島永嗣
「昨日はたくさんの応援、そしてたくさんの厳しい声をありがとうございました。これからフランスへ戻ります。また一日一日成長できるように」

DF畠中槙之輔
「実力不足。もっと強くなります」

MF橋本拳人
「不甲斐ない。悔しい。力不足。この想いはピッチで晴らす!!」

FW浅野拓磨
「どうすることもできないほど悔しい敗戦。だからこそ頑張るしかないしやり続けるしかない。下手くそなら下手くそなりに。またチームに戻って成長できるように頑張ります。いい結果を届けることはできなかったですが応援ありがとうございました。 『感謝』」

 4選手のコメントに反応したファンからは、以下のような応援メッセージが寄せられた。

「残念な結果に終わりましたが、リセットしてまた代表に貢献してください」
「まだ、やれる!!これからも頑張って下さい!!」
「結果は悔しいですが、ずっと応援しています」
「賛否両論あるかと思いますが…これからを担う選手の皆さんが、昨夜の代表戦で世界の壁を感じ取って、これからに活かしてもらえたらと切に願います」
「応援も厳しい声も力に変えて、またここから」
「次の試合で悔しい想いを晴らしましょう」
「後半は見違えるほど良かったと思います」
「共に強くなろう」
「次こそ頼むぞ!」
「悔しい経験があるから強くなれると思います」
「日本一のCBになってください!」
「交代前のパンチのあるシュート良かったです!自分を下手くそだなんて卑下する必要は無い。行けるとこまで行くだけですよ。応援してます!」
「残念な結果になりましたが、リセットしてまた代表に貢献してください」
「次も代表に選ばれ、駆け回る姿を観たいです‼️」
「私はこのメンバーが見られて嬉しかったですよ。頑張って下さい」

 ファンからは多くの寛大なコメントが寄せられた。次こそは、この期待に応える結果を残すべく、ピッチ上で奮起してもらいたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】"25分間"でハットトリック!ベネズエラ代表のエース、サロモン・ロンドンって?!