画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTとNTTドコモは11月20日、NTTの「インテリジェントマイク」「音声認識」「音声合成」技術と、ドコモの「行動先読み」技術を、トヨタ自動車が実施するコンセプトカー「LQ」の試乗会「トヨタ YUI プロジェクト TOURS 2020」の車載AIエージェントに展開すると発表した。

会話を中心とした「YUI」とのコミュニケーションに「インテリジェントマイク」「音声認識」 「音声合成」技術、事前に公開されるスマートフォンアプリから利用者一人一人の趣味・嗜好を 「YUI」に学習させることに「行動先読み」技術が使用される。

「インテリジェントマイク」「音声認識」「音声合成」は、自動車内における背景音を抑えながら、乗員の音声だけを抜き出し、深層学習を活用した DNN (Deep Neural Network)技術を駆使して、高い音声認識率および人の声に遜色ない合成音声を提供することができる。

「行動先読み」は、NTTグループのAI技術ブランド「corevo」の1つで、ドコモが開発した「先読みエンジン」を活用し、日常の行動データからそのユーザの生活習慣や趣味・嗜好を学習することで行動を予測し、ユーザに合った情報を適切なタイミングで提供することを可能にする。

「LQ」の試乗拠点にはドコモが5G基地局を設置し、高速かつ安定した通信環境を提供する。