20日、ワシントンで、米下院委員会の公聴会での証言を前に宣誓するソンドランド駐欧州連合(EU)大使(AFP時事)

写真拡大 (全2枚)

 【ワシントン時事】トランプ米大統領のウクライナ疑惑で、政敵のバイデン前副大統領に関する調査をウクライナに求める工作を担ったソンドランド駐欧州連合(EU)大使が20日、下院委員会の公聴会で証言に立った。

 ソンドランド氏は「トランプ氏の明確な指示」を受けて工作に関わったことを明らかにした。

 ソンドランド氏は、ゼレンスキー・ウクライナ大統領をホワイトハウスに招待する見返りとしてバイデン氏調査を求めたことを認めた。「(工作を主導した)ジュリアーニ弁護士とは働きたくなかったが、トランプ氏の指示に従った」と語った。

 実業家のソンドランド氏は、トランプ氏に巨額献金を行った功績で大使に任命された。野党民主党はトランプ氏の関与を知る上で欠かせない重要証人と位置付けており、証言内容に注目が集まっている。