タワマン林立の余波 武蔵小杉付近の駅の踏切が「開かずの踏切」化

ざっくり言うと

  • 武蔵小杉付近の駅の踏切が、いわゆる「開かずの踏切」となっている
  • 朝の通勤時間帯には、遮断機が下りてから上がるまでに約13分かかることも
  • タワマン林立で人口が増加し、JRのダイヤが過密化したのが一因だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング