画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本は11月19日、東京五輪に向けて改良工事を進めている原宿駅について、新駅舎および新ホームの供用を開始する日時が決定したと発表した。

新駅舎および新ホームは2020年3月21日初電から開始される。供用が開始される新駅舎の設備は、線路およびホーム上の2層の新駅舎(駅業務施設、コンビニエンスストア、カフェ)、コンコース、トイレと表参道改札を拡張(コンコースは約3倍、トイレは約2倍、改札は2通路増設)、2方向に設置された出入口(表参道方面と明治神宮方面)、24人乗りエレベーター。

駅改良工事に伴い、年末年始における臨時ホームの使用を取りやめる。年末年始の臨時改札は、工事中のホームに仮設通路を設置し、降車専用として利用できる。新駅舎には明治神宮方面出入口を整備することから、今回で臨時改札の設置は最後となる。

現駅舎は東京五輪終了後に解体し、防火地域の基準に適した材料を用い、意匠を再現して建て替える予定。