左サイドハーフで先発した中島。得意のドリブルで攻撃にアクセントをつけ続けた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2019]日本 1-4 ベネズエラ/11月19日/パナソニックスタジアム吹田

 日本は序盤から押し込まれる時間が続き、前半で4点を失った。後半は素早いパスワークを活かして決定機を作るも、山口蛍のシュートで1点を返すのが精一杯。ベネズエラ代表に1−4で大敗した。

 個の力で差を見せられた日本。しかしそのなかでひとり違いを生み出した選手がいた。左サイドハーフで先発した中島翔哉だ。ドリブルでボールを奪われる場面こそあったが、細かいタッチのドリブルは他の選手にはない武器で、ベネズエラに脅威を与えていたに違いない。

 その中島は試合をこう振り返る。

「見てくれた人に申し訳ないですし、自分もチームとしても悔しい結果。勝っても負けても良いところと悪いところは出るので、(改善点として)そこは受け入れてやっていきたい」

 スタート時の左サイドハーフから2トップの一角にポジションを移したことについては「立ち位置は変わりますけど(ポジションは)そんなに関係ない。言われたところで一生懸命やることが大事」と柔軟に対応してみせた。
 
 また、攻撃で違いを生み出しただけでなく、守備でも奮闘。ペナルティエリア内まで戻り、スライディングでクロスを阻止しようとするプレーも披露した。

「(守備に)戻る時は戻ると考えています。ただ、(攻撃もあるので)何回も戻ることはなるべくしたくない。コパ・アメリカでは自分が戻らずに失点したので、そういうところは教訓にしてやっている」

 攻撃面を注目されがちな中島だが、「(ベネズエラは)もちろん良いチームなので、守る時間は多いと思っていた」と守備への意識も強かったようだ。

「色んな経験ができた」と振り返る今年の日本代表の活動で、中島は著しい成長を見せた。この日の大敗もきっと自身の糧にとなるはずだ。

構成●サッカーダイジェスト編集部