原口は途中交代するまで果敢に戦ったが……。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ひと言で言えば、ミスのオンパレード。吹田スタジアムでのベネズエラ戦は、日本代表にとって最悪の試合だった。

 中盤でパスを繋げず、ドリブルでもなかなか持ち込めない。攻めあぐねる一方で、守備組織もまとまっておらず、失点を繰り返す。前半だけで悪夢の4失点……。強く印象に残っているのは、前半終了のホイッスルが鳴るとその場に呆然と立ち尽くした原口の姿だった。

 確かに日本はベストメンバーではなかった。吉田、南野、大迫などは不在で、10キャップにも満たない選手も半分近くいたのだから、苦戦を強いられても致し方ない部分はあるが、とはいえ、である。

 なす術もなく前半だけで4失点を喫したパフォーマンスは酷すぎる。1失点目のシーンで難なくクロスを許した室屋、そのボールに上手く反応できずロンドンに空中戦で競り負けた佐々木だけでなく、自陣での軽率なパスミスが目に付いた橋本、植田、柴崎についても「何をやっているんだ」というレベルだった。2トップの浅野と鈴木に関しては消えている時間帯が多すぎた。

 
 局面で上手さと強さを示したのはベネズエラのほうだった。抜群の決定力でハットトリックを決めたロンドンをはじめ、速さで魅了したマチス、小気味いいテクニックで日本の守備陣を翻ろうしたソテルドなど個の力を見せつつ、組織としても日本を明らかに上回っていた。

 後半に入って日本が少し持ち直せたのも、ベネズエラがあえてオープンな展開を挑んできたからという見方のほうがしっくりくるのではないか。いずれにしても、日本がプライドをズタズタに切り裂かれた敗戦だ。唯一の救いは、それでも闘争心を失わずに立ち向かった原口の勇姿か。

 なにより寂しかったのは、試合後にほとんどブーイングがなかったことだ。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)