前半だけで4失点を喫した日本代表。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 国際親善試合の日本代表対ベネズエラ代表が11月19日、パナソニックスタジアム吹田で19時25分にキックオフされた。

 日本の先発は、GKには川島永嗣、最終ラインは、キルギス戦に引き続き植田直通が入ったほか、畠中槙之輔、左SBに佐々木翔、右SBに室屋成。前線は、鈴木武蔵、浅野拓磨、中島翔哉、原口元気の4人が起用されている。

 国内組も多数入れ込んだメンバーで臨んだベネズエラ戦。開始8分に先制点を奪われると、30分の2失点目から立て続けにゴールを奪われ、初めは期待を持って見守っていたファンも徐々にトーンダウンする様子が窺えた。

「今やベネズエラもサッカーめっちゃ強いんですよ」
「向こうはバリバリ一軍だ」
「U-22に続き、急造チームっぽさがある」
「ああー失点」
「点取られても、慌てないで攻めろ〜」
「川島あぶね、キャッチしてくれ」
「ベネズエラ足長っ!」
「後ろ蹴りでシュート防ぐのすげえな」
「佐々木、守備のミスを取り返すチャンスだったなぁ〜惜しい」
「前半で追いつかないと」
「武蔵〜決めてくれ!」
「うまいことやられてるな〜。ロンドンうまい」
「ロンドンが凄い」
「あれよ、あれよと3失点… 守備が崩れておる…」
「人がいるはずなのに、みんな足止めちゃダメ!」
「にしてもベネズエラいいなぁーテンポいいなぁー」
「日本代表、ベネズエラ代表にフルボッコ」
「後半はメンバー変えて流れ変えよ?」
「国内組中心でもやれるとこ見せて欲しいのに」

 前半を0-4で折り返した森保ジャパン。果たして4点差をひっくり返すことはできるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】ベネズエラ相手に前半だけでまさかの大量失点…4点ビハインドで後半へ