画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Q-Successは11月18日(米国時間)、「Most popular content management systems on .store sites:1. Shopify 2. WordPress 3. OpenCart」において、.storeサイトで使われているCMS (Content Management Service)のトップ3を発表した。

トップ3のCMSは次のとおり。

Shopify 46.0%

WordPress 30.4%

OpenChart 2.8%

CMSのシェアとしては、WordPressが圧倒的なシェアを持っている。Q-Successの調査によれば、2019年11月におけるCMSはWordPressが34.8%と最も多く、これにJoomlaが2.7%で2位、Shopifyが1.7%で3位につけている。2019年11月は、これまで長期にわたって3位につけていたDrupalが4位にシェアを落とし、Shopifyが3位に上昇した月でもあった。

絶対量ではWordPressに大きなシェアがあるものの、.storeという限られたドメインにおいては、ShopifyがWordPressを超えるシェアを持っていることが明らかになった。Shopifyは長期にわたって増加傾向を続けており、今後も増加が続くと見られる。.storeがのCMSがどのように変動していくのか、今後の傾向が注目される。