「手前で止まってくれる」と思い込み…児童はねたか

写真拡大

 小学生がはねられた事故の原因は、車を運転していた女の勝手な思い込みでした。

 19日午前7時半ごろ、熊本県あさぎり町で横断歩道を渡っていた小学生3人が車にはねられました。この事故で小学4年の男子児童が左足を骨折したほか、小学6年の男子児童が顔に擦り傷を負いました。また、小学3年の女子児童が頭に痛みを訴えています。車を運転していた才藤佳代容疑者(30)は、「児童が横断歩道の手前で止まってくれるものと勝手に思い込んでぶつかってしまった」などと容疑を認めています。