鉄パイプが落下したビル=2019年11月19日午前10時9分、和歌山市十三番丁、西岡矩毅撮影

写真拡大

 19日朝、和歌山市十三番丁の12階建てビルの屋上から、鉄パイプ(長さ約1・5メートル、重さ約5キロ)が落下し、通行人の男性の頭に当たった事故で、重体となっていた男性は搬送先の病院で死亡した。

 現場では15日にも鉄パイプが落下する事故が起きていた。県警は業務上過失致死の疑いを視野に捜査する。

 和歌山西署によると、男性は大阪市中央区の銀行員、板垣智之さん(26)。同署などによると、屋上には同ビルに本社が入る総合商社「酒直」の看板が設置され、鉄パイプは看板の保守点検のための足場に使われていた。9月上旬から始めた点検作業が終わり、事故当時は足場の解体中だったという。

 現場は南海電鉄和歌山市駅から南東に約600メートルで、飲食店やオフィスビルなどが並ぶ一角。事故を目撃した男性(23)は「鉄パイプが落ちてきて男性に当たり、そのまま倒れた。男性の1メートルくらい後ろには、もう1人歩いていた」と話した。