安倍総理、国会での説明は?“別の火種”警戒か

写真拡大

 総理主催の「桜を見る会」の問題で、19日も国会での追及が続いています。国会から報告です。

 (政治部・佐藤美妃記者報告)

 (Q.国会から求められれば出席すると答えた安倍総理大臣だが、いまだに集中審議などに応じる構えを見せていないのはなぜ?)

 一言でいえばリスクが大きいからです。与党としては、安倍総理は記者団の質問に答えたことで十分に説明を果たしたという思いがあります。予算委員会で野党から「新たな疑惑」などを追及されると、別の火種が生まれかねないと恐れる声も党内にあります。また、政府・与党が、この国会で最も重視していたのが日米貿易協定の承認です。この議案は19日の衆議院の本会議で可決し、今国会での成立が確実となりました。これで野党に気を使わなければいけない法案はなくなったといえます。さらに、支持率をこれ以上落としたくないという本音もあります。週末の各メディアの世論調査で支持率は数ポイント下落しました。予算委員会で総理が野党から質問攻めにあえばイメージの悪化は避けられないという懸念があります。自民党幹部からは今回の問題を「安倍政権始まって以来の最大の危機だ」と不安視する声も上がっていて、世論の動向を見極めながら来月9日の会期末まで慎重に対応していく構えです。