茨城県警は19日、幅寄せや急な割り込みなどのあおり運転行為を行ったとして、暴行の疑いで、川崎市中原区上小田中、無職、井上良一容疑者(69)を逮捕した。

 県警によると、あおり運転行為の暴行容疑での立件は県内で初めて。

 逮捕容疑は今年4月25日午前10時40分ごろ、茨城県稲敷市西代の国道51号で乗用車を運転中、同市の女性会社員(65)の乗用車に対し幅寄せや急な割り込みを行った上、交差点で停止した女性の車の進路をふさぎ、車のボンネットをたたくなどしたとしている。容疑を否認している。

 捜査関係者によると、被害者の車のドライブレコーダーにあおり運転行為の一部始終が記録されていたことから、暴行容疑での立件に踏み切ったという。