画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは11月18日、「d払い」の決済方法として、現在提供しているバーコードやQRコードを「見せる」「読み取る」ことによる方法に加え、電子マネー「iD」による「かざす」ことによる決済方法を提供すると発表した。

第1段階として、11月19日から、「dカード mini」を「d払い」に統合することにより、ドコモのAndroidスマートフォンで「d払い」を利用する場合、全国の「iD」加盟店でスマートフォンを「かざす」ことによる決済が可能になる。各種アプリ、Webサイトなどでは、この決済方法を「d払い(iD)」と表記する。

第2段階では、「d払い」のウォレット残高を利用した決済に対応することで、他社のスマートフォンにおいても「iD」による「かざす」決済に拡大する。また、iOS向けにも「d払い(iD)」を提供する。