村上隆×ドラえもんの個展「スーパーフラットドラえもん」ペロタン東京で初開催

写真拡大

ペロタン東京で初開催となる村上隆の個展「スーパーフラットドラえもん」が、2019年11月19日(火)から2020年1月25日(土)まで開催される。

「スーパーフラット」は、2000年から2001年に日本とアメリカで開催された村上隆キュレーションによる展覧会。後にシリーズ化され、世界各都市で開催されてきた。

今回開催される「スーパーフラットドラえもん」では、藤子・F・不二雄の代表作品「ドラえもん」が美術史に落とし込まれた絵画作品14点を、日本国内で初めて展示する。

村上の創作の根底にある江戸時代の奇想系画家たちの絵画や、マンガ・アニメといった二次元。概念が発展した先にあるサブカルチャーとハイカルチャー、ファインアートと広告の表現。村上は、そういった分類分けは本質的に意味がなく、等価であるという表現の平等性を訴えかけている。

そういった村上の“フラット”な姿勢は、2017年に開催された「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」の作品に表れている。メインビジュアルにもなった作品は、抽象表現主義だけではなく、異時同図法やヌード表現など、美術史的な仕込みがたくさん存在する。このアートワークがきっかけとなり、2018年のユニクロとのコラボレーションや本展に繋がっていくこととなる。村上の色鮮やかな作品から、”フラット”な表現を感じてみて。

【詳細】
スーパーフラットドラえもん
会期:2019年11月19日(火)〜2020年1月25日(土)
場所:ペロタン東京
住所:東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル1階
開館時間:11:00〜19:00
休館日:日、月、祝日
TEL:03-6721-0687


[写真付きで読む]村上隆×ドラえもんの個展「スーパーフラットドラえもん」ペロタン東京で初開催

外部サイト

  • 「STARS展」六本木・森美術館で - 草間彌生や村上隆など“現代美術のスター”6人の初期〜最新作
  • 「佐藤可士和展」六本木・国立新美術館で、約30年の多彩な仕事を紹介
  • 特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」東京国立博物館で、焼損を経て再現された壁画や国宝の仏像