110歳以上の超長寿者の体内に「特殊な細胞」か がん細胞などを殺す役割

ざっくり言うと

  • 慶大教授らの研究チームが、110歳以上の「超長寿者」の免疫細胞を解析した
  • すると、血液中に「CD4陽性キラーT細胞」が高い割合で存在すると判明
  • 通常は少量しか存在せず、長寿に対し何らかの役割を果たしているとの見方も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング