国土交通省は18日、全日本空輸グループのエアージャパンが運航した成田発中国・成都行きの全日空947便(ボーイング767ー300型機、乗客乗員149人)の機体が飛行中に揺れ、乗客1人が左足甲を骨折する重傷を負ったと発表した。

 国交省や全日空によると、日本時間の13日午後10時55分ごろ、成都の東約170キロの上空で、947便の機体が揺れた。骨折した乗客は20代の男性で、トイレから出てきたところ、揺れにより足をひねった。当時はシートベルト着用サインが点灯していなかった。

 全日空は「お客さま、関係者の皆さまにご心配とご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げる」とコメント。事故原因については調査中としている。