河野大臣 “GSOMIA”韓国に「賢明な対応を求める」

写真拡大

 河野防衛大臣はアメリカ、韓国の防衛大臣と会談し、23日に失効期限が迫る日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)について、韓国に対して再考を促す考えを強調しました。

 河野防衛大臣:「日米韓の連携が重要との認識のもとで韓国側に賢明な対応が必要だと申し上げた」

 河野大臣はアメリカのエスパー国防長官、韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相と会談し、GSOMIAを念頭に韓国に対して「賢明な対応を求める」と述べ、破棄しないよう再考を促しました。エスパー長官も「情報共有は重要だ」と日本と歩調を合わせましたが、鄭国防相は日韓関係について「大小の困難に直面している」と述べ、信頼関係が損なわれている点を強調して平行線に終わりました。