バルセロナに適応し切れていないグリーズマン「僕を信じてくれ。自ずとうまくいくはずだ」

写真拡大

今夏にアトレティコ・マドリーからバルセロナに移籍したFWアントワーヌ・グリーズマンが、今後バルセロナのプレーに適応していく自信をのぞかせている。

今夏に鳴り物入りでバルセロナに加入したグリーズマンだが、得意とする中央ではなく、左サイドを主戦場としていることもあって、いまだ期待に応えるような活躍を見せられていない。しかしフランス『テレフット』とのインタビューに応じた同選手は、これから活躍を果たす意欲を示した。

「今、自分がいる場所を誇らしく思っている。簡単な場所ではないよ。新しいチーム、ほかとは異なるクラブで、ピッチ上でも新たなポジションでプレーしなくてはならない。努力をする必要があるんだよ」

「でも、僕を信じてほしい。すべては自ずとうまくいくはずだよ。僕はチームのことを考える選手だ。多くのゴールを決めることもできるけど、でもそれが第一の目標じゃない。自分の挑戦は、できる限りチームを助けることにある」