画像はイメージです

写真拡大

 松原瑠衣花(仮名・27歳)

 彼はよく私の家に泊まりに来ているのですが、ある時、ゴミがなくなっていることに気がついたんです。ゴミと言っても、チラシなどではなく、サニタリーボックスの中にある使用済み生理用品などです。ゴミを捨てる時になくなっていることに気がつき、その後も彼が来るたびになくなっているので確信しました。何に使ってるかは、あまり想像したくありませんでしたが、捨てるものでしたし、それだけ私のことが好きならばいいかと無理矢理納得していました。なので、彼を追及したこともありません。

 でもある日、SNSで彼のアップしたネット画像を見た時のこと。それはネットニュースをスクリーンショットしたものだったのですが、上部のタブに他に観覧していたネットのサイト名が写り込んでいたんです。それは『お宝〜』みたいな名前だったのですが、検索してみたところ、そのサイトを発見。アクセスしてみると、そこはコンビニなど男女兼用トイレから、ナプキンやおりものシートの入手報告をするサイトだったのです。さらに、文章だけでなく、拾ったものの写真までアップされていました。

 その時、彼が学生時代、何年もコンビニでバイトしていたことを思い出したんです。確証はないのですが、そこでバイトしていたのも、汚物収集が目的だったのではないかと考えてしまい怖くなりました。気持ち悪くてそのサイトは少ししか見ていません。もしかしたら、私のナプキンも写真がアップされていたのかも。ですが勇気がなく、彼にはまだ聞けていません。

写真・Matthew Paul Argall