来夏フリーのカバーニ、欧州でのプレー続行へ?代理人「まだ3年間は最高レベル」

写真拡大

パリ・サンジェルマン(PSG)FWエディンソン・カバーニが欧州の他のクラブに移籍する可能性もあるようだ。

PSGとの契約が今シーズン限りになっているカバーニ。来年1月のタイミングで自由に他クラブとの事前交渉が可能になるが、契約延長のニュースは届いておらず。同選手の代理人を務めるワルテル・グリエルモネ氏も、PSGとの交渉が進んでいないことをイタリア『CalcioNapoli126』で認めている。

「(1月の移籍市場では)彼は残る。まだ話は続いているが、具体的なことは今のところ何もない」

「契約延長についてはあまり心配していない。エディ(エディンソン・カバーニ)には確実に多くのチャンスがあるし、何よりも契約終了時にはフリーになるんだ」

残留を否定こそしていないものの、グリエルモネ氏は移籍に前向きであることを示唆。カバーニの新天地については、FWズラタン・イブラヒモヴィッチが退団したロサンゼルス・ギャラクシーが候補として挙げられているが、それについてもこう語った。

「それはそのクラブのプロジェクト次第だ。エディはまだ3年間は最高レベルで続けるし、欧州のどんな有力チームでもプレーできる」

また、カバーニが欧州でプレーを続けるかどうかを問われたグリエルモネ氏は「イエス。その可能性もある。接触があったが、私からは何も言うことができない」とコメントしている。