侍ジャパン先発の山口俊が1回で降板、韓国に痛恨の2発を浴びる

ざっくり言うと

  • 17日のプレミア12決勝・韓国戦では、山口俊が先発で出場した
  • 金河成に137キロのフォークを捉えられ、先制2ランを許した
  • 2死後には金賢洙にソロ本塁打を打たれ、1回2安打3失点で降板した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x