Shun Yamaguchi & Shuta Tonosaki

写真拡大

<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 決勝戦 日本 − 韓国>(17日、日本:東京ドーム)
 
 「第2回WBSCプレミア12」は17日に最終日を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」は、初めて進出した決勝戦で前日に続いて韓国と対戦する。試合に先立って両チームのスターティングラインナップが発表された。
 
 2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)以来10年ぶりの世界一を狙う侍ジャパンは、前日とほとんどオーダーを変えず。松田宣浩を外し「6番・三塁」として外崎修汰を据えた。その他、1番・山田哲人は前日に2安打2打点と活躍。3番の丸佳浩は3安打と調子を取り戻してきているだけに、打線の繋がりを生んで試合を優位に進めたい。
 
 先発のマウンドを託されたのは山口俊。11日のオーストラリア戦以来6日ぶり、中5日での登板となった。その時は4回49球を投げて2失点。前日12安打8得点をマークした韓国打線に対して、先に主導権を渡さない投球が求められる。
 
 一方の韓国は、左腕のヤン・ヒョンジョンが先発。元メジャーリーガーのパク・ビョンホ、キム・ヒョンスが中軸に並ぶ。しかし、前日に2安打3打点と活躍したカン・ベクホ、同じく2安打したファン・ジェギュンは外れた。

【一覧】両チームの先発メンバー



<韓国>
1番(中)イ・ジョンフ
2番(遊)キム・ハソン
3番(指)キム・ジェファン
4番(一)パク・ビョンホ
5番(左)キム・ヒョンス
6番(捕)ヤン・ウィジ
7番(右)ミン・ビョンホン
8番(三)ホ・ギョンミン
9番(二)キム・サンス
(投)ヤン・ヒョンジョン
 
<日本>
1番(一)山田哲人
2番(遊)坂本勇人
3番(中)丸佳浩
4番(右)鈴木誠也
5番(指)浅村栄斗
6番(三)外崎修汰
7番(左)近藤健介
8番(捕)會澤翼
9番(二)菊池涼介
(投)山口俊