コロンビアに0-2の完敗を喫した日本。田嶋会長は「ミスが多かった」としつつも、「こういう試合をやっておいてよかった」とも振り返る。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ]U-22日本0-2U-22コロンビア/11月17日/エディオンスタジアム広島

 来年の東京五輪でメダル獲得を目指す若き森保ジャパンは、コロンビアとの親善マッチで0-2の完封負け。試合後、日本協会の田嶋幸三会長は「内容的にミスが多かった」と述べ、こう続けた。

「前半は、3本良いパスがつながって、1本ミスするっていう。このチームが目指すものがだいぶ見えてはいるけども、最後のところでミスが起きると、うまく成就しない。後半は、同じミスがどんどん続くと、相手にペースを取られてしまったし、シュートになかなかたどり着けなかった。若いなっていうのが、最初の感想です」

 選手たちにとっても悔しさが残る結果となったはずだが、それでも田嶋会長は「こういう試合もやっておいてよかったと思います。コロンビアには感謝したい」と、チームにとって今回の敗戦は“良薬口に苦し”と捉えている。

 また、「自分の気持ちとしては」と断りを入れたうえで、「(87分に途中出場した)前田(大然)とか、もうちょっと見たかったかな」と述べ、「ポジション争いは厳しいな、と。食野(亮太郎)なんて、途中から出てきてよかったし」と、アタッカー陣の豊富なコマについて言及。さらに、「堂安(律)や久保(建英)が入って、そんな簡単に結びつくわけではない。来年のオリンピックまでに、しっかりと時間を取れるようにしたい」と、今後もチーム作りをサポートしていく構えを示した。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【U22代表PHOTO】日本 0-2 コロンビア|2万人を超えるサポーターが観戦!堂安&久保をダブル起用も・・・