久保に対してコロンビアの厳しいマークも見受けられた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 国際親善試合のU-22日本代表対U-22コロンビア代表は11月17日、エディオンスタジアム広島で12時50分のキックオフで行なわれている。

 U-22日本代表は、国内では今回が初の国際試合。来年の東京五輪へ向けて、A代表組を合流させた”ベストメンバー”で臨んだ。スタメンにはA代表から合流した堂安律と久保建英を起用。3-4-2-1システムの「2」の位置、シャドーのポジションに入った。1トップには上田綺世を起用してスタートしている。

 試合は立ち上がり、日本がペースを掴み、コロンビアを押し込む。敵陣ペナルティエリア手前でFKを獲得すると、久保が狙うがこれは壁に当たり得点には至らない。

 その後も日本は、堂安や久保のキープ力、スペースへ抜け出る上田の動き出しなどからチャンスを窺うが、効果的なチャンスにはつながらない。

 すると徐々にコロンビアもボール支配を強め、日本のディフェンスラインの背後を突いた攻めを見せる。しかし日本も立田悠悟、岩田智輝、板倉滉の3バックが粘り強い守備を見せて得点を許さない。

 結局、前半は0-0で終了した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部