「新しい車が欲しかった」生徒切りつけ疑いの中国人

写真拡大

 埼玉県蕨市の住宅に侵入し、高校2年の男子生徒の首を切るなどして逮捕された中国人の男は「新しい車が欲しかった」と話していることが分かりました。

 柳偉強容疑者(22)は7月、蕨市の住宅に2階のベランダから侵入し、寝ていた高校2年の男子生徒の首を切り付けてけがをさせたなどの疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、柳容疑者は「新しい車が欲しかった。高そうな車が止まっていたので狙った」と供述していることが分かりました。この家の車庫にあった車は柳容疑者が乗っていた車と同じ車種の最新型でした。警察は、柳容疑者が車を奪って偽造ナンバープレートを付けようとした疑いもあるとみて調べています。