キルギス戦を戦った日本代表。ベネズエラ戦で新ユニホームに初めて袖を通す選手たちの背番号は…。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 JFA(日本サッカー協会)は、11月19日に行なわれる、キリンチャレンジカップ・ベネズエラ戦に臨むメンバーの背番号を発表した。

 今月14日には、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選のキルギス戦を敵地で戦い、2−0で勝利を収めた森保ジャパン。そのキルギス戦から引き続き参加する14人の背番号に変更はなし。

 ベネズエラ戦で代表初招集となった選手たちは、DFの進藤亮佑が19番、荒木隼人が22番。MFの古橋亨梧が9番。FWのオナイウ阿道が18番を着用する。

 その他では、GKの中村航輔が23番、MFの大島僚太が6番、井手口陽介が14番となった。

 ベネズエラ戦に臨む日本代表メンバーと背番号は以下の通り

GK
1 川島永嗣(ストラスブール/フランス)
12 権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
23 中村航輔(柏レイソル)

DF
17 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
5 車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
16 室屋 成(FC東京)
2 植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
3 三浦弦太(ガンバ大阪)
4 畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
19 進藤亮佑(北海道コンサドーレ札幌)※初招集
22 荒木隼人(サンフレッチェ広島)※初招集

MF
20 山口 蛍(ヴィッセル神戸)
8 原口元気(ハノーファー/ドイツ)
7 柴崎 岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ/スペイン)
6 大島僚太(川崎フロンターレ)
13 橋本拳人(FC東京)
10 中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
15 浅野拓磨(パルチザン/セルビア)
9 古橋亨梧(ヴィッセル神戸)※初招集
14 井手口陽介(ガンバ大阪)

FW
11 永井謙佑(FC東京)
21 鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
18 オナイウ阿道(大分トリニータ)※初招集

構成●サッカーダイジェストWeb編集部