落語家の笑福亭鶴瓶(67)が16日、都内で行われた特別番組「鶴瓶&安住の放送局漫遊記」(12月1日放送)の制作発表会見に出席した。

BSデジタル20周年イヤー突入とBS4K放送開始1周年を記念し、BS日テレ、BS朝日、BS−TBS、BSテレ東、BSフジが共同制作する特番。

鶴瓶とTBSの安住紳一郎アナウンサー(46)がBS5局を渡り歩き、各局を代表する番組に連続で出演して各番組の面白エピソードを引き出す。

各局1時間半ずつの生放送で、計8時間の特番となるが、「27時間テレビ」を経験している鶴瓶は、「8時間なんか(番組規模として)小さいものですよ」と余裕たっぷり。

一方の安住アナは、鶴瓶が2003年の「27時間テレビ」で泥酔して“事件”を起こした過去があるためか、「鶴瓶師匠と生放送っていうのは、危険でしかない」と心配して笑わせた。

2人は、BS日テレではバーチャルアイドルのキズナアイがメインパーソナリティーを務める「のとく番」(12月1日午後5時30分〜午後7時)に出演する。

鶴瓶は「キズナアイさんにはお会いしたことがないですね。どうしていいのか分からないんですよ、こういう人のいじり方は…」と不安をのぞかせると、安住アナも「各民放局を渡り歩く中で、ここが一番心配しているところです。キズナアイさんと鶴瓶さんで、私が入って(放送尺は)1時間半くらいですか…」とバーチャルアイドルと鶴瓶の共演でどんな“化学反応”が起こるか予測できない様子だった。